• 横浜ベイスターズ ファンの 大和田悠太です。
    待ちに待った プロ野球の季節がやってきました!
    コラム と、いいますか ベイスターズについて 勝手に身勝手に書かせていただきます!
    暖かく見守っていただければ 幸いです。。

    1998年 日本一の瞬間は 横浜スタジアムの外 横浜公園で迎えました。
    当日のチケットも無く、足も折れていて、でも どうしてもいきたかったんです!
    ライトスタンド外 当時はめずらしい携帯テレビをお持ちの方の情報を頼りに
    熱い熱い夜をすごしました。

    時が経ち、2013年。 この間 自分も10代、20代を過ぎ 30代に なりました。
    ベイスターズも 優勝メンバーがどんどん去り、
    新しいスターが登場したりまた去ったり。。
    その間 球場にも もちろん行っていました。
    横浜が地元 あの優勝が忘れられないそれもありますが
    横浜ファンが好きなんです。

    横浜ファンはおとなしい。
    弱いのになんで応援するの。

    そんな事を言われたり聞いたりしますが、、
    横浜ファンの紳士さ。
    罵声ではなくて がんばれー!という姿 本当に 大好きです。

    勝たない横浜。
    自分はそこに 自分の人生修業を重ねたりします。
    無の境地 頑張る姿に 勇気を 勝ち負けだけじゃない なんて。。

    ただ 一昨年まで 球場に行っても たのしくない かなしい そう思う事が多くなりました。
    負けてもいい ただ、、
    最後まで諦めないでほしい 横浜ベイスターズという個性をだしてほしい ファンを敵と思わないでほしい
    その他 書き出したらとまりません。

    しかし、昨年 確かに最下位でしたが おもしろかった
    選手を信じて 選手の成長を喜び 成長に感動を貰い 
    最後まで諦めない姿に勇気を元気をもらいました。

    ベイスターズにはいろいろな選手がいます。
    他のチームで活躍した新戦力 横浜に戻ってきた懐かしい顔 横浜でのリベンジ復活を目指すベテラン移籍組
    神奈川または横浜高校出身の地元組 
    横浜一筋の熱い男達
    まだまだですが 成長に感動する若手達
    それぞれのドラマを持った選手のプレー
    そこに団結力 個人ではなく このチームで プレーしよう それを感じた 一年でした。
    僕は去年球場に行った回数 二倍 に増えました!

    さぁ 2013 はじまります
    投手は大丈夫か なんてききますが そこは全員野球で カバーしてほしいです。
    良い意味で 守備でも目がはなせない!!
    そんな試合をチームを 期待します!
    選手を信じ声を枯らせ レッツゴーヨコハマ!
    2013.4.2

大和田悠太プロフィール

取材・問合せ